ネットビジネス業界の裏側と歴史【 ネットビジネス 】

 

 

こんにちは!

ちゃんです

 

 

 

そろそろ、アフィリエイトや仮想通貨関係の記事を少しずつ書いていこうかな?

 


と思い、その前に今回は前回に続き、

 


ネットビジネス業界での裏側などを書こうと思います。

 

 

 

 


まっくろくろすけ、でーておーいでー!

 

 

f:id:chan-kokokara:20190520213420j:image

 


と言ったらネットビジネスが出てきちゃうぐらい、

真っ黒い業界ではありますが、

 


そもそもネットビジネス業界の初期って、

結構まともだった歴史があります。

 

 

 

その流れをぶち壊したのが、

インフォスタイルと言う会社です。

 

 

 

その簡単な流れは後半に書くとして、

 


現在、ネットビジネス業界がなんで真っ黒かと言う事を書きます。

 

 

 

まず、ネットビジネス業界のトップを走る方々のほとんどに、

 


お客様に対する情でビジネスをしている方はほぼいませんでした。

 


あくまで、利益の最大化を目的としてビジネスをしています。

 

 

 

でも、一部の考え方や勉強する姿勢は僕たちも見習っておきたい部分があります。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【 ネットビジネス業界の裏側 】

 

 

 

ローンチ編

 

 

 

僕はちょくせつネットビジネス業界のトップを走る方から勉強がてら話を聞いたり、

 


他のトップの方から情報をもらったりしました。

 

 

 

もちろん自分で多少の勉強もしましたし、

単純に情報商材を購入して失敗しまくりました。

 

 

 

それからっす、

僕が安易に人にネットビジネスを紹介しなくなったのは。

 

 

 

それまでは、アフィリエイトをばんばんやってて、

 


今と違って記事を書くときは、

 


全て売り込み前提で、

反応率の調査や、ランディングページの作成をしてました。

 


ただ、良い物を厳選して紹介はしてたので、

直接紹介した方々 ( 友人・知人・先輩や上司 ) からは特に喜ばれてましたが、

 


ネットビジネス業界の裏側を知れば知るほど、

稼ぐ前提のアフィリエイトは辛くもありました。

 


だから自分が稼ぐ前提のアフィリエイトはやめました。

 


疲れる以上に辛い。

 


僕の歴史なんてどうでもいいっすね!

 

 

 

 


話を戻して、

 


ネットビジネス業界は真っ黒と言いましたが、

 


じゃぁ具体的にネットビジネス業界を牽引してきた方々はなにをしてたかと言うと、

 


有名な商法にプロダクト・ローンチと言うのがあります。

 

 

 

通称、ローンチ。

 

 

 

ネットビジネスに興味があったり、

ネットビジネス経験者の方なら、

 


聞いた事ある方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

プロダクト・ローンチを一言でいうと、

物を売るための商売方法・集客方法です。

 


インターネット・マーケティングに属します。

 


高額商材を売るためのネットビジネス用語じゃないです。

 


あくまでも商法です。

 

 

 

そもそもローンチはジェフ・ウォーカーさんと言う方が作り出し、

 


ちょっとした商品を売り出すために使われてました。

 


そのローンチが爆発的に商品を売り、利益を上げる事からどんどん広まり、

 


日本にも上陸しました。

 

 

 

( ジェフさん関係は興味があれば、ご自身でお調べください。 )

 

 

 

そして、

 


ローンチ × 高額塾。

 


と言う流れを、

 


日本のネットビジネス業界の方が作り出し、大ブレイク。

 


( 社会的にじゃなく、ネットビジネス業界の売り上げ的に。 )

 

 

 

さらに、

 


ローンチ × 情報商材

 


大ブレイク。

 

 

 

ちょっと売り上げが停滞気味のところで、

2017〜から、

 


ローンチ × 仮想通貨

 


で超ブレイク。

 

 

 

その流れで今に至ります。

 

 

 

ローンチの歴史を少しかいつまんでしまいましたが、

 

 

 

ローンチって言うと、

基本的に動画っすよね?

 

 

 

その動画内で泣きながら、

 


「僕のように苦しんでる人を助けたい。。。」

「日本を救いたい!!!」

 


とかなんとか言うじゃないすか?

 

 

 

その動画で熱く語ってる人、

 

 

 

本人じゃないよ。

 

 

 

うん。

 

 

 

ただしく言うと、

本人じゃない比率がかなり高いです。

 

 

 

あんだけ、救済したいだのなんだの熱く語るけど、

 


無名の役者さんを雇って収録してるんすよ。

 


当然、ドラマばりに台本があったり、

演技指導もちゃんとやってます。

 


クオリティーはピンキリあるけど、

 


名だし顔出しとか言ってて、

多くの場合、本人出てないから。

 

 

 

ローンチ。

 

 

 

そもそも嘘から始まる。

 


( もちろん本人が出てるのもあります。 )

 

 

 

収録中、

 


「泣くのうまいじゃーん!」

 


とか、笑いながら普通に話してます。

 


まぁ、普通にドラマ撮影と考えれば、

普通の雑談ですね。

 


( 詐欺でなければ )

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【 ネットビジネス業界の裏側 】

 

 

 

商材編

 

 

 

自動売買やSNS関連のシステムとかありますが。

 


あれって基本的に簡単に作れます。

 


と言うか安く作ってるのが、事実としてほとんどです。

 

 

 

ローンチ動画や商材って、

資産があまりなくても作れたりするのが、

 


ネットビジネス業界をより真っ黒にした原因です。

 

 

 

基本的に商材系のシステムって、

あるサイトなどから、

 


「こんな感じに見えるシステムを作って下さい。」

 


と言うと、

 


請け負う専門のプログラマー集団がいて、

 


実に数万円で作れるんす。

 

 

 

それを数十万円で販売。

 

 

 

利率ヤバいす。

 

 

 

んで、ローンチ動画を安くすませれば、

経費に対して利益がっぽりって世界なんすよ。

 

 

 

やりたい方は自分で調べてやってみると良いですが、

僕は嫌いなんで教えません。

 

 

 

超高性能のAIとか、

世界最強クラスのAIとか言ってても、

 


中身は数万円で作ったボットがほとんどです。

 

 

 

てか、そんな簡単にAIは作れないし、

まともなAIなら軽く数億円はかかります。

 

 

 

まともな開発会社に「こんなAIを100万で作って下さい!」と依頼したら、確実に断られます。

 


返信すらこないかも笑

 

 

 

話を戻して、

 


まともなシステムは多額の開発コストがかかります。

 


AIならなおさら。

 

 

 

そんなシステムが、

ちまたにゴロゴロしてるかっつーと、

 


あなたならどう思いますか?

 

 

 

まともなシステムがないわけじゃなくて、

 


ローンチ動画を流している件数に対して、

まともなシステムを紹介している確率は高くないって事です。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【 この理屈は間違い 】

 

 

 

次の話に行く前に、

ちょっと書きたくなりました。

 

 

 

よく聞くのが、

 

 

 

「そんなに稼げるのなら、わざわざ人に紹介するわけがない。」

 

 

 

という理屈。

 

 

 

これについては完全に間違いです。

 

 

 

そんな事は普通にあります。

 

 

 

ネットビジネスを正当化したいわけじゃなくて、

ギブ精神は普通に世間でもあって、

 


「わざわざ人に○○するわけない!」

 


とか言ってる本人も、

知らず知らずに同じことをしてる場合もあります。

 

 

 

 


広くいうなら、例えば募金。

 


善意で1円でも募金した事ある方は、

同じような事をしてますからね。

 


全財産が10万の人が100円を善意で募金する。

 


これって不自然ですか?

 

 

 

同じ比率で言うと、

 


全財産が100億の人が1,000万円を善意で募金するのと、

比率は一緒です。

 

 

 

ハリウッド俳優とか、

金持ってるからとかじゃなくて、

 


財産の1000分の1を何か人の役に立つ事に使いたい。

 


これって僕には割と自然です。

 

 

 

自分の環境によって善意でギブする方法などに種類があるだけで、

 


募金しか知らない、または思いつかない人は募金するし、

他に方法を知ってたら、その方法をする場合があります。

 

 

 

身近な方法として僕の例で言うと、

応援しているアーティストのCDをあえて買ったりね!

 

 

 

もしも、

全財産が10万の人が10万募金をしたら、

 


僕は凄いと思う。もしくは無謀?

 

 

 

すんげー思いがあんだなーって思う。

 

 

 

 


他の例えは、

 


恋人にプレゼントしたり。

家族にプレゼントしたり。

 

 

 

いやいや、身近な人だからでしょ?それは?

 

 

 

とも言われそうだけど、

人は人に喜んで貰いたいって気持ちは本質的にもってるって事っす。

 


喜んでくれると嬉しいから!

 

 

 

 


食事を奢る。

 


こんなんもあります。

 


ちょっと浮いたお金があると、

食事をおごったりしたことないすか?

 


僕はパチンコで勝っておごったり、

給料が入っておごったりした。

 


パチンコでとか、あるあるだけど、

バカの象徴かもね笑

 


僕が。

 


これも、

 


資金力の基準値にそれぞれピンキリあるけど、

お金があると、つい人に使ったりする場合もある。

 


見栄とかも。

 

 

 

 


最後に、

 


お金があるから、

お金を人にギブする場合も普通にある。

 

 

 

お金に困ってないって場合はとくにね。

 

 

 

だってあるから。

 

 

 

お金ある。時間ある。

友達いる。彼女いる。

家がある。物もある。

 

 

 

普通にギブしたくなるよ。

 


( 全員じゃないし、方法もそれぞれ。 )

 

 

 

僕は小さいころ

 


初めて買ってもらったスーパーファミコンで、

当時のゲームソフトはスト2のみ。

 


「貸して!」

 


って言われたけど貸さなかった。

 


それしかないし。

 

 

 

次にスーパーマリオを買ってもらって、

 


「スト2貸して!」

 


って言われたけど貸さなかった。

 


2つしかないし。

 

 

 

だんだんゲームソフトが増えて、

 


クロノ・トリガーまで手に入った時代まで行くと、

 


むしろスト2を人にあげた。

 

 

 

しまいには調子こいて、

 


ゲームソフト並べて、

 


「欲しいの言って!」

 


とか言って、知らないヤツにまでゲームソフト配った。

 

 

 

ばあちゃんごめんな。。。

 

 

 

あんがと笑

 

 

 

9割自己満だけど、

1割は喜ばせたいって気持ちがあった。

 

 

 

人は持ってると、持ってるものを、

理由はなんであれ、

 


分け与えたくなったりするからね。

 

 

 

ただ、古くなった場合の物もあるから、

 

 

 

ネットビジネスで言うと、

 

 

 

全盛期ほどの効果はないけど、

今は他のシステムあるから、

 


この古くなったシステムは人にシェアしよー。

 


とかもあるから、

 


まともなシステムで、全盛期は過ぎたから、

 


思いのほか中途半端な成果しか出ないシステムもある。

 

 

 

これ完全に別記事にすればよかったな。

 

 

 

まぁ今からカットして別記事作るのめんどいからいいや。

 

 

 

ともあれ。

 

 

 

稼げるのに人に紹介するわけない!

 


ってのは完全に間違いで、

 


形はそれぞれあるけど、

ギブ精神を持ってる人は普通にいます。

 

 

 

 


ただ。

 

 

 

 


クソな物が多いからネットビジネス業界は真っ黒い。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【 ネットビジネス業界の裏側 】

 

 

 

紹介編

 

 

 

僕の記事はパートナーが見ると、

「何を伝えたいの?」

「話がよくそれるね!」

「記事の離脱者おおいはずだね!読書少ないけど!」

 


と言われます笑

 


でもいいんす。

 


今は書きたいことを書いてるだけなんで、

 


パートナーも分かってるから、僕をからかう程度に言ってるだけだしね!

 

 

 

まま。

 

 

 

紹介編なんすけど、

 


ローンチとかやる場合。

 


影響力のある人に動画の出演依頼をしたり、

アフィリエイターに拡散依頼を出したりします。

 

 

 

たいがいのローンチは、

 


影響力のある人や、

やり手のアフィリエイターに依頼し、

 


依頼を受けて貰えれば、

 


ある程度の成功は最低限します。

 

 

 

なので、

 


動画撮影やポンコツシステム費より、

 


そこに経費を割きます。

 

 

 

そこで問題なのが、

 


システムがポンコツでも出演する人が多いと言う事です。

 

 

 

システムがポンコツと分かってても、

 


ゲスト出演した方は、

台本にそって話すんで、

 


もっともらしく聞こえると言う事と、

 


まともなシステムじゃないのに、

心が痛まない。

 


痛んでも、

 


仕事として出演する事実です。

 

 

 

断る方もいますが、

 


ネットビジネス業界は派閥もあるんすけど、

 

 

 

"業界のお付き合い"

 

 

 

として出演を断れなかったりもします。

 

 

 

だから嫌々でも、

 


業界のお付き合いとして故意に詐欺加担もする場合があります。

 

 

 

身内の利益のために。

 

 

 

近所付き合いを嫌でもしたことある人は、

そんな感じです。

 

 

 

ただ、

 


最近ではネットビジネス業界の報酬未払いも増えていて、

業界で問題視されてもいます。

 

 

 

簡単に言うと、

 


例えば、

 


ローンチ動画にゲスト出演したり、

依頼先の持ってるリストにローンチを拡散してもらった場合。

 


拡散してもらったローンチ動画に対して登録者 ( リスト ) 1件につき数百円から数千円の報酬が発生します。

 


( 紹介料や拡散料と言えば分かりやすいっすかね? )

 

 

 

その報酬を払わずにバックレるパターンです。

 

 

 

原因として、

 


ローンチの反響が悪くなって来たことと、

 


その報酬、つまり紹介料がどんどん高くなってきてたので、

 


ローンチのある程度の成功では、

 


その報酬を払えない。

 


または払うと利益が薄い。

 


と言う理由から、

 


報酬を未払いのままバックレる人が増えました。

 

 

 

まとめると、

 

 

 

システムがポンコツでも、

お付き合いや報酬の為に、

 


もっともらしく世に広めてしまう。

 

 

 

業界で報酬の未払いが多くなってきたと言う事は、

 


そもそも中身がポンコツの場合も多い。

 

 

 

と言う事です。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【 ネットビジネス業界の裏側 】

 

 

 

主催者編

 

 

 

ローンチなどでなにかを売り込む時に、

 


「だから僕はこのシステムを考えた!」

「だから僕はこの企画をした!」

 


とか言うと思うんすけど、

 

 

 

そもそも主催者が別の場合って割とあるんす。

 

 

 

どう言う事かと言うと、

 

 

 

裏ボスがいるって事です。

 

 

 

つまり、ローンチに出演して、

真っ当な気持ちで話していても、

 


裏ボスがいるので、

 


その企画の成否は裏ボスが支配して、

 


たとえ真っ当なローンチ出演者が頑張ろうとしても、

売り上げがでた途端に退散したり打ち切りにあったりで、

 


お金を回収したとたんに消えてしまったりもします。

 

 

 

だから、ローンチ動画に出演している人が、

企画と運営の権利を担っているかを調べなくては、

 


そのローンチ動画で紹介している案件は、

ほとんど失敗してしまいます。

 

 

 

企業と株主の関係みたいなもんです。

 

 

 

企業がいくら努力しても、

株主の意向で企画が失敗してしまうパターンの流れです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【 ネットビジネス業界の裏側 】

 

 

 

利益の最大化編

 

 

 

メルマガやローンチ紹介メールなどで、

 


あれよこれよと、

 


不安を煽ったり、

情に訴えかけるような文面は、

 


基本的に、

 


メールを書いている人の本音じゃなくて、

あくまで反応を取るために試行錯誤してるに過ぎません。

 

 

 

そこに感情は全くありません。

 

 

 

ネットビジネス業界は、

 


なまじの業界より成熟している部分が多くあり。

 

 

 

この文面では反応率○%とか、

このタイミングでは反応率○%とか、

 


それにたいする利益率など、

 


細かい方程式が完全に確立されています。

 

 

 

なので、

 


様々な文面で送られてくるメールには、

 


人間的な情などがなく、

 


あくまで、利益の最大化の為に工夫されているに過ぎず、

 

 

 

こんな事を言う人は本物だ!

この人は本当に助けたいんだ!

 

 

 

などの安易な判断は、

 


間違いと言うか、危険です。

 

 

 

全部、計算されたシナリオのパターンが多いと言う事です。

 

 

 

なぞの通信トラブルや、

なぞの問い合わせが急増とかもです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【 ネットビジネス業界の裏側 】

 

 

 

雑談編

 

 

 

ネットビジネスを仕掛ける人達の会話として、

 

 

 

「今度はなにすっかー?」

 

 

 

とか、自分達が稼ぐ為だけの事を考えるのが多く、

 

 

 

「俺○○円まで売り上げ伸ばしてやったぜー!」

 

 

 

とか、お客様のことではなく、

 


売り上げ自慢を普段からしたりします。

 

 

 

つまり、ある一定以上の売り上げは、

一種のステータスであり、

 


お客様に還元したいなどの思いでネットビジネスを仕掛けるのではなく、

 


売り上げを伸ばし、

自分のステータスを上げる為に、

 


ポンコツシステムでネットビジネスを仕掛けたりします。

 

 

 

僕はその会話が嫌いだし、

うらやましくも思えない。

 

 

 

一つ言えることは、

 


心が痛まない人は、ある種最強と言う事です。

 

 

 

人を騙しても、自分にお金があれば良い!

 

 

 

そのマインドが、実はネットビジネスで稼ぐ最強マインドの一つなのがあります。

 

 

 

ただ、僕は嫌いなので、

そのマインド前提で上手くいく方法は書きません。

 

 

 

もしキャバクラやバーなどでそれなりに人気のある方が読んでいたら、

 


もしかしたら、その手のクソな会話を実際に聞いている方もいるかもしれませんね。

 

 

 

ちょっと余計に長くなり過ぎたんで、

今日はもうやめます。

 

 

 

ネットビジネスの歴史については、

 

 

 

簡単に概要だけ言うと、

 

 

 

元々は、ちょっとしたお金儲けの小技集などが原点にあり、

 


( くだらない内容が多数だけど高額じゃない )

 


そこから、メルマガはお金になると、

メルマガが急増。

 


インフォカートなど、

様々な便利サイトが出来てくるなか、

 


インフォスタイルと言う、

ポンコツな物を過激な表現で販売する会社が現れ、

 


まともなアフィリエイターが、

どんどんそっちに流れ、

 


ネットビジネス = とにかく自分が稼げれば良い

 


と言う流れにネットビジネス業界がどんどんなってきた。

 


と言う感じです。

 

 

 

 


割と頻繁に言うんですが、

 

 

 

 


業界がどうであれ、

 


自分自身を変えたくてネットビジネスを始めて失敗しても、

 


業界のせいにするより、

自分自身の向上に労力を割いた方が、

 


ぐんと上手く行く確率は高まります。

 

 

 

それこそネットビジネスは高額商材を購入しないと上手く行かないわけじゃないので。

 

 

 

数少ない質の高い情報は、

それこそ数十万以上の価値があるのも事実です。

 

 

 

ではっ^ ^

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちゃんの記事一覧はこちら⬇︎

https://bit.ly/2CyKJiQ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の記事をカテゴリー別にまとめたページ、
【 ちゃん’s book 】はこちら⬇︎

https://bit.ly/2B00ks2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 報われない人生に終止符を打て! 】

あなたがどれだけ頑張ってても報われてない場合…。

やっと終止符が打てます。


【 報われなかった昨日までの自分にさよならを告げよう! 】

あなたが今日まで失敗を重ねてきた場合…。

そんな失敗達とさよなら出来ます。


【 どんな人の人生でも劇的に変わる!!! 】

ガチでそんなことが現実に起きる超絶な "事実" の内容を、
ちゃん’s bookの後半に載せています。

【 ちゃん’s book 】はこちら⬇︎

https://bit.ly/2B00ks2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

#ネットビジネス #ネットビジネス業界

#プロダクト・ローンチ

#AI #ボット #システム

#ゲーム #スーファミ